つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

バルセロナ観光初日:サグラダファミリアとサンジョセップ市場(2018地中海DCL #2)

バルセロナ空港からホテルへ鉄道移動

夜21時頃、ドバイ空港からバルセロナ空港に到着しました。

ホテルへの移動ですが、最も安価な鉄道を使うことにしました。

注意事項としては、ターミナル2という別のターミナルに移動しなくてはならないため、空港内の無料バスで移動する必要があるということ。

 

f:id:maho-ttt:20190425151740j:plain

 

バルセロナの治安は良くないのでスーツケースを持って移動することに不安がありましたが、駅は観光客しかおらず、特に危険な印象はありませんでした。

 

f:id:maho-ttt:20190425151743j:plain

 

電車内も思っていたよりずっと新しくてキレイ。

R2線という電車一本でサンツ・エスタシオ駅に到着。駅直結のバルセロサンツというホテルに泊まります。

 

f:id:maho-ttt:20190425151749j:plain

 

なにやらとても近未来的なおしゃれなホテル。

四つ星ホテルの中でも評価が高いのもうなずけます。

 

f:id:maho-ttt:20190425151752j:plain

 

泊まった部屋はこちら。バスタブはなく、シャワーのみでした。

 

f:id:maho-ttt:20190425151746j:plain

 

サグラダファミリア観光!

翌朝、まずはサグラダファミリアを目指します。

バルセロサンツは地下鉄の駅とも直結しているので、どこに行くにも便利な立地です。

 

f:id:maho-ttt:20190425151757j:plain

 

地下鉄に乗って到着しました。

まずはサグラダファミリアを正面から撮影するのに最適な、目の前の公園の池をぐるっと回ったポジションへ。

 

f:id:maho-ttt:20190425151800j:plain

 

そして正面に入ります。近くで見るとその彫刻に圧倒されます。

事前にネット予約をして29ユーロで入場。朝一番が混雑が少なくて良いとの情報でした。

 

f:id:maho-ttt:20190425151804j:plain

 

中に入ると鮮やかなステンドグラスが。

 

f:id:maho-ttt:20190425151807j:plain

 

生誕の塔または受難の塔の見学ができるので、今回はガウディ生前に完成し比較的人気があるという生誕の塔を予約していきました。

 

f:id:maho-ttt:20190425151817j:plain

 

塔にはエレベーターで登り、時間帯で人数を区切っています。大きなリュックなどの荷物を持って入ることはできないので手前のロッカーで預けます。

 

f:id:maho-ttt:20190425151820j:plain

 

エレベーターで塔の上部にきました。

 

f:id:maho-ttt:20190425151823j:plain

 

このようにワイヤーが張ってありますが、塔の迫力ある眺めを間近で観られます!

 

f:id:maho-ttt:20190425153800j:plain

 

フルーツの彫刻。色使いがカラフルです。それぞれのモチーフには意味があるようで、下の展示のエリアに説明書きがあります。

 

f:id:maho-ttt:20190425153804j:plain

 

食の都バルセロナのサンジョセップ市場へ

サグラダファミリアをたっぷり満喫した後、すぐ近くのサンパウ病院をちらっと見学。

 

f:id:maho-ttt:20190425151827j:plain

 

一大観光都バルセロナは、どこに入るにもそれなりの(2000〜4000円)入場料がかかります。こちらは外観と入り口をちらっと観ただけでさくっと終了。

お昼時になったので、バルセロナ市民の胃袋ともよばれる、サンジョセップ市場に向かいました。

 

f:id:maho-ttt:20190425151830j:plain

 

たくさんの観光客で賑わっています。

 

f:id:maho-ttt:20190425151835j:plain

f:id:maho-ttt:20190425151839j:plain

 

どこもかしこもカラフル!とても活気があって、どれも美味しそう。

 

f:id:maho-ttt:20190425151842j:plain

 

スペインに来たら絶対に食べたかった生ハムも、食べ歩きに最適な形になって売られています。

お土産によさそうな塩のお店や、カウンター形式で飲食できるバルもたくさんあって、滞在中何度か立ち寄ることになるのでした。