つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

弾丸ディズニークルーズ5日目 キャスタウェイケイ上陸(2015年WDW&DCL #6)

3/15(日)旅行5日目 クルーズ3日目

 

クルーズ最後にして最大のハイライト、Castaway Cay上陸の日です…!

 

リニューアルした隠れミッキー

下船の準備が整う前に、デッキ11のカバナでビュッフェの朝食をいただきます。いい天気!

 

f:id:maho-ttt:20180226223813j:plain

 

下船OKの時間になったらすぐに島に入ります!

 

こちらは船の最後尾。ドリーム号は魔法使いのミッキーがモチーフです。

 

f:id:maho-ttt:20180226223834j:plain

 

まずはシュノーケルでミッキーを探します。

今回で2度目の来訪ですが、この間にミッキーが「色なし」から「色つき」に変わったというウワサを聞いて。

 

いたー!

 

f:id:maho-ttt:20180226224108j:plain

 

うーん、、前の色なしミッキーの方が可愛かったような…!?

ちなみにミニーちゃんは前回同様、色なしでした。

 

しばらくシュノーケルを楽しんだ後は、海上ウォータースライダーで遊んだりしていました。

 

ランチタイムにキャラクター登場

昼食はおなじみの「クッキーズバーベキュー」へ。島の中の食事、ソフトドリンクも料金に含まれているので、食べ放題&飲み放題です!

 

f:id:maho-ttt:20180226224356j:plain

f:id:maho-ttt:20180226224359j:plain

 

体を動かした後のビーチでの食事は格別だね〜。

 

ランチタイムにキャラクターが登場するダンスタイムがあることがわかっていたので、トラムで移動…

していたら、さっそく遭遇しちゃいました。

 

f:id:maho-ttt:20180226224537j:plain

f:id:maho-ttt:20180226224540j:plain

 

こんな風にキャラクターと触れ合えるのがクルーズの魅力!

この後、ダンスタイムは水着姿でキャラクターたちと一緒に踊るキッズたちで盛り上がっていました。

 

ダンスタイムの後は、18歳以上限定のビーチエリアへ移動。

 

f:id:maho-ttt:20180226224733j:plain

 

こんな素敵な景色を眺めながら、フローズンカクテルを1杯。ああ、帰りたくない…

 

f:id:maho-ttt:20180226224736j:plain

 

後ろ髪を引かれつつ、あっという間に乗船タイムは近づいてきます。

すると、船の近くにチップとデールが!一緒に写真を撮ってもらっちゃいました。キャラクターと水着姿で写真を撮れる場所はディズニークルーズかフロリダのウォーターパークぐらいなので、めちゃくちゃ貴重です。

 

f:id:maho-ttt:20180226225025j:plain

 

 

最後のディナーはタートル・トーク

夕方に乗船したら、次なるお楽しみは最後のショー。

「Believe」という父と娘が主人公でディズニーキャラクター総出演のミュージカルがシアターで上演されます。

 

Disney Cruise Line - Disney Dream: Believe! - YouTube

 

今夜のローテーショナルダイニングはアニメーターズパレット。

ディズニーシーでもおなじみ「タートル・トーク」を食事をしながら楽しめます。

 

f:id:maho-ttt:20180226225624j:plain

 

レストランは広いので、色んなテーブル(近くのスクリーン)をクラッシュが行ったり来たり。子供中心に話しかけてます。

クルーズの美味しい食事ももうすぐ終わりなので、思い残すことのないようにたっぷり堪能しました。

 

f:id:maho-ttt:20180226225627j:plain

f:id:maho-ttt:20180226225630j:plain

f:id:maho-ttt:20180226225634j:plain

f:id:maho-ttt:20180226225638j:plain

 

デザートまで終わると、さっきまでクラッシュが喋ってたスクリーンが「絵」になっちゃうのです。。寂しい、、けど絶対また来るからね!

 

f:id:maho-ttt:20180226225641j:plain

 

最後の夜のタオルアートは象さん。置いてあるアンケートはルームキーパーさんやディナーのサーバーさんたちのお給料に反映されるそうなので、しっかり書きましょう。(日本人は「真ん中」に評価をつけがちだそうなのですが、もし悪い思いをしていなければ最高評価の「Excellent」で!)

 

f:id:maho-ttt:20180226225901j:plain