Trip Note

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

弾丸ディズニーワールド 事前手配(2016年WDW #1)

シルバーウィークの予定が3週間前に空いてしまい、3連休に有給2日くっつけ、急きょディズニーワールドに行くことにしました。

航空券とホテルの手配は8/30、出発は9/15。

わずか2週間ちょっとでバタバタと個人手配の準備をしました。

 日数、わずか3泊5日!過去最短のディズニーワールド旅行になります。

 

■飛行機について

フライト:アメリカン航空 

往路:羽田-ロサンゼルス-オーランド

復路:オーランド-ダラス-成田

 

Expediaで諸税込8万円弱でした。

アプリ「SkyScanner」で最安値を調べて、その便をExpediaで調べてほぼ変わらなかったらExpediaで取る、という方法をとっています。(Expediaだとポイントが諸々付くため)

 

もうすぐ出発時間帯が変わってしまうらしい羽田-LAXの深夜便。

今回はわずか5日間の休みしかなかったので、この便がなければ実現できませんでした。

仕事終わって直行すれば無駄なく時間が使えるため愛用していたので、今後時間帯が変わるのは残念です。

 

今回は弾丸旅行ということと、羽田出発が深夜1時でオーランド到着が早朝5時、

着いてすぐ丸一日遊びたい!ということから、「機内でいかにしっかり眠るか」がテーマでした(笑)

ぐっすり眠るための持ち物はまた別記事でご紹介しますが、

快適に眠るための手段として、往路ロサンゼルス-オーランドの5時間弱のフライトを、通常のエコノミーより10cm弱シートピッチ(足元の縦幅)が広いクラスに有料アップグレードしました。

金額にして50ドルちょっと(日本円で5400円ぐらいでした)。

本当は羽田-LAXの方をやりたかったのですが、そちらは約135ドル(15000円)ほどで予算オーバーだったのと、

国内線はいつもほぼ満席で、経験上家族連れが多く後ろの席だとうるさいかも、など、総合的に検討した結果こちらをとりました。

アメリカンに限らず外資系エアラインは、プレミアムエコノミーほど豪華ではなく、単純にシートピッチが広いだけの席をこのように比較的少額で選ぶことができるので、少し足元を快適にして過ごしたいという人にはとてもおすすめです。

ANAJALのプレミアムエコノミーだと何万も違いますからね。

 

 

■ホテルについて

ディズニーオールスタースポーツ

3泊で300ドルちょっと。ディズニーワールド公式サイトにて

Back to Schoolというプロモーション中で、8月中に予約すると20%offかな?安くなっていました。

直前だったためか、バリューリゾートでここだけ残っていました。この値段はラッキー。

 

 

■パークチケットについて

チケットはオーランド観光(https://www.orlandokanko.com/discount-tickets)さんのディスカウントチケットがぱっと調べて一番安かったのでそちらで購入。

3日間のベースチケット+パークホッパーオプションを付けました。

購入手段としてWill Call(窓口受取)を選択しましたが、すぐにチケット番号がメールで送られてきて

ディズニーワールドの公式アプリ「My Disney Experiense」にその番号をリンクさせるとすぐ有効化され、

事前のファストパス予約や当日もマジックバンドに組み込まれていたので、特にパークの窓口に行く必要はありません。

(念のためチケット番号は控えて持参するよう、オーランド観光さんよりアドバイス頂きました)