Trip Note

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

クルーズ3日目 洋上日を満喫!(2011年西海岸&DCL #7)

■朝食@ビーチブランケットビュッフェ

デッキ9の後方にあるビュッフェレストランで、基本的には朝/昼/夜といつも空いてるレストランです。(メニューが切り替わる時間帯は閉まります)

オープンデッキの席でも室内でも食べることができるし、部屋に持ち帰って食べてもOKです。

ブエナビスタシアターでくまのプーさん観賞

毎日配られる「Personal Navigator」という船内新聞でアクティビティをチェック。

すると、朝からプーさんをシアター上映してるようなので、ドリンクバーでとってきたジュース片手にのんびり観賞♪

いやー、めちゃくちゃ可愛かったです!癒されました。

映画によっては3D上映もしており、その場合はメガネをかけます。

■Art of entertaining - THE ENTREE(料理の実演ショー)

ディズニーカリフォルニアアドベンチャーのレストランでシェフをつとめる方による、料理の実演ショーと試食&ワインの試飲。

クルーズによってゲストシェフは異なりますが、1週間以上のクルーズだと大体このイベントはあるようです。

なおワインの試飲もあるとあって18歳以上限定。参加費は不要です。

■プリンセス達とのキャラグリ

キャラグリも1日中頻繁にあるので、パーソナルナビゲーターをチェック。

■Disney's Behind the Scenes(ゲストスピーカーによる講演)

これも洋上日のお楽しみ!(英語が分かる方限定になりますが…)

ディズニーのパークや映画などに関わっている現役スタッフの方による講演会。

舞台裏を語ってくれるので、今回は18歳以上限定でした。

今回のゲストはパークの「イマジニア」と言われる、アトラクションを作っている方。

世界各地のパークに携わったそうで、東京ディズニーシーにも居たようです。

この方はウォルトが存命中に一緒にお仕事をしたという大ベテランさん。

昔のミキミニ、ちょっと怖いですね。。。笑

アトラクションを作るために昔は実際に模型を作っていたんだよという話。

今はコンピューター上のCGでやるそうです。

■昼食@グーフィーズギャレー

デッキ9にあるいわゆる軽食カウンター。

ディナーがいつも豪華なので、ラップサンドで軽めに済ませます。

■Who want to be a Mouseketeer?(ディズニー版ミリオネア)

昔日本でもテレビでやっていた「ミリオネア」のディズニークルーズ版!

(元々アメリカの番組です)クルーズでは一人5題にして、

優勝商品や参加賞は不明ですが、お金ではなくプチギフトみたいな感じだと思います。

ライフラインはオーディエンスと50:50が使えて、3問目までは割と簡単、

4問めから難しくなり、最終問題はマニアックすぎる難題。

入場時に配られる番号を呼ばれたら回答席に行けるのですが、

見ているだけでもかなり面白かったです♪

■ディナー@トリトン

昨日と同じレストランですが、今日はトリトンズのオリジナルメニュー。

前菜にエスカルゴをチョイス。ある意味クルーズの名物という感じで

行ったら絶対に食べよう!と思っていました。

エスカルゴでしたが、ニンニクや香草でたっぷり味がついてるので

よくも悪くもたっぷりごまかされており、普通に食べられました(笑)

他のメニューは大変申し訳ないことに既に何がなんだか思い出せない状態…

ですが、どれを選んでも大体美味しいです!ただしメインの量が

多すぎるので、半分残すぐらいがちょうどいいのかなと思ってます。

※なお、今日の夜のショーはコメディアンのものだったので不参加でした。

■今日のタオルアート

あれ、今日だけ2回作ってくれてる…!?