つめこみトラベラー

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

ディズニーワンダー号の船内を歩く・前編(2011年西海岸&DCL #3)

次回との2回にわたり、船内の様子をレポートしたいと思います。

今回はDeck5(5階)までの下の部分です。

■Deck 3(アトリウム等)

入ると中央にアトリウム(ロビー)があります。クリスマスツリーも。

Deck3から5まで吹き抜けになっており、とても広いです。

近くにフロントデスク。アクティビティの申込などができます。

船の前方(forward)にあるエリア、ルート66。

夜は18歳以上専用のラウンジになります。

ここはその中でも一番広いWaveBands。

昼は船内アクティビティでも使われたりしていたと思います。

トイレもエリアの雰囲気に合わせて変えています。

プロムナードラウンジ。デッキ中央から後方のレストラン、パロットキーに行く際に横を通れるようになっています。

■Deck 4(ウォルトディズニーシアター、お店など)

前方のウォルトディズニーシアター(別の記事で紹介します)へ向かう通路にお店があります。

ディズニーグッズや空港の免税店のようにお酒、宝石などがあり、今回のメキシカンリビエラ航路の場合は全てのグッズが免税です。

エレベーターと階段。いずれも前方、中央、後方の3カ所にあります。

後方にはシャッターズという写真を販売する場所があります。

ディズニーワールドのように、船内でカメラマンが写真を撮ってくれたものが置いてあり、気に入ったものがあればここで選んで買うシステムです。

■Deck 5

子供が遊ぶエリアのオーシャニアラボとオーシャニアクラブ(公式にはオセアニアと訳されてますが、発音はオーシャニア)があります。

普段は中に入れるのは子供だけですが、パーソナルナビゲーター(船内新聞)で「open house」と書いてある時間帯は誰でも内部を見学することができます。

託児所、スモールワールドナーサリー。こちらは有料のようです。

後方にあるブエナビスタシアター。こちらは映画館で、様々なディズニー映画を上映しています。なんと3D対応。