Trip Note

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

特急の旅(2011年デンマーク&スウェーデン #4)

■チケット手配(事前準備)

コペンハーゲンからストックホルムはSJ2000という特急が通っており、

今回の旅では2都市をこの電車に乗って移動しよう、と決めていました。

チケットはレイルヨーロッパのサイトで手配。

配送料がかかるものの、格安チケットを日本語で手配できます。

特急はコペンハーゲン始発のものとルンドという途中駅始発の2つがあり、

ルンド始発の列車のほうが安かったこともあり、そちらにしました。

コペン寄りのスウェーデンの都市、ルンドまでは普通列車で30分弱。

せっかくなのでルンドで途中下車して観光する計画を立てました。

さて、まずは乗車から。

コペンの駅には改札がありません。(乗車券の抜打ちチェックがあるそうで

乗車券を持っていないと罰金がとられますので要注意。)

写真を撮った場所は歩道橋なのですが、ここから直接ホームへ降りられます。

ルンドまでの普通電車は空港と同じ路線です。

これがその車内。自転車を置く専用スペースがあります。

ルンド駅に到着。ここにも自転車用エレベーターが!

ルンドは学生街。ルンド大学という大学があり、

あとは公園があるぐらいの、静かな街です。

公園の中にある大聖堂。

駅前の広場では市場やフリーマーケットをやっていました。

いよいよ特急電車に乗ります!

ちなみにスウェーデン(北欧全般?)では、時刻表の予定時刻ではなく

実際の発車時刻が電光掲示板に出るようなので要注意です。

おまけに英語表記がなく現地語(スウェーデン語?)表記なので、緊張…。

無事に乗ることができました。

特急SJ2000(当時はX2000)には1等車と2等車があります。

違いは1等車だと軽食付き、wifiあり、シートが広いなど。

2等車でも十分余裕のある座席で、治安も全く問題なし。

2等車の車内の様子。とてもキレイで快適でした。

ひとつだけ注意するべきは、スーツケースを置く場所の確保が難しいこと。

私の場合は大きなスーツケースを近くの人に手伝ってもらって頭上の棚にのせましたが、

混んでいる場合などはもしかしたら1等車の方がいいかもしれません。

車窓からの風景はこんな感じ。テンションが上がります。

電車にゆられること4時間半ほど。終点ストックホルムに到着です…!