つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

ディズニーワールド3日目後半 アニマルキングダム(2009年WDW #5)

15:30、予定より少し遅れてアニマルキングダム(Disney's Animal Kingdom)に到着です。

この日の通常の閉園時間は17時なのですが、エキストラマジックアワーといって、ホテル宿泊者のみ20時までパークで遊べます。

 

f:id:maho-ttt:20180122213702j:plain

 

 

入ってみてまず思ったのは「とにかく広い」!

TDLの5倍はあるという敷地、巨大サファリパークにやってきた気分。

人が全然いないように感じるのは、これだけ広いからなんですね。

 

f:id:maho-ttt:20180122213717j:plain

入っていきなり鳥が目の前を歩いているのに驚きました。

 

あちこち動き回るより、エリアごとに制覇していこうという作戦のもと、この日は絶叫系が集中しているパークの右半分を攻めることに。

 

 

f:id:maho-ttt:20180122213812j:plain

 

f:id:maho-ttt:20180122213822j:plain

 

まず向かったのはエクスペディション・エベレスト。

絶叫系で一番人気と聞いていましたが、 なんと10分待ち。さすがフロリダ、さすがアニマルキングダム

WDW最新の絶叫コースターで、エベレストの山をコースターが駆け抜けるというテーマ。

コースター最大の特徴は「逆走」。これがとってもスリル満点で、ハマります!

すぐに気に入り、降りたらそのままFPを取って、隣にあるカリリバーラピッドへ。

 

f:id:maho-ttt:20180122213845j:plain

 

カリリバーは円形8人がけの乗り物で急流下りをするというもの。

運が悪い(良い!?)とずぶ濡れになるので、私はレインコート着用。

とにかく濡れまくるので、知らない人同士でもみんな笑顔で楽しんでます。

家族連ればかりのせいもあるけど、こういうノリの良さがアメリカらしくて好きです。

降りたら待ち時間ゼロだったので続けて2回目へ!

 

 

再びエベレストに乗って絶叫系三昧のあとは、ファインディングニモのミュージカルへ。

 

f:id:maho-ttt:20180122213856j:plain

 

こちらは原作を忠実に再現したミュージカルで、人がマペットを操りながら歌います。

特に子供が喜びそうな感じですが、歌も素晴らしいので、大人も十分楽しめるはず♪

 

 

次は恐竜×遊園地がモチーフのディノランドUSAというエリアへ。

 

f:id:maho-ttt:20180122213909j:plain

 

子供向けのゲーム屋台が並び、他のエリアとはちょっと雰囲気が違います。

ここでプライミーバルワールとダイナソーにそれぞれ乗りました。

 

f:id:maho-ttt:20180122213920j:plain

ダイナソーの建物内にあった恐竜の化石レプリカ。

 

 

f:id:maho-ttt:20180122213936j:plain

パーク中央にそびえるシンボル「Tree of Life」(上の写真)の中にあるシアター形式のアトラクション、It's tough to be a bug!を観ます。

風や水が飛んできたり、席に座ってると突っつかれたり!

これは映画「バグズライフ」のストーリーとは直接関係ない内容なので、虫が苦手じゃない方はぜひトライしてみてください。

 

そろそろ暗くなってきて、夕食はAsiaエリアのYak and Yetiというお店へ。

アジアエリアなので食事もアジアンフードです。

酢豚のようなものが乗った丼と、揚げ春巻きをいただきました。

 

 

食事が終わった時点で19時。後半は宿泊者しかいないためか予想外に順調にまわれたため、予定より少し早くパークアウト。

ホテルに戻って軽く休憩したあと、21時にまたダウンタウンディズニーに行きました。

 

f:id:maho-ttt:20180122214041j:plain

f:id:maho-ttt:20180122214051j:plain

f:id:maho-ttt:20180122214055j:plain

 

前日に行けなかった、スイーツショップやレゴのお店など、またもやマーケットプレイス(ディズニー関係のお店が多いエリア)を中心にまわりました。

パークとは違った賑やかさがあって、DTDもすっかりお気に入りに♪