つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

初海外旅行は香港へ(2008年香港 #1)

時期:2008年12月 3泊4日

手配:HIS(パックツアー)

航空会社:JAL(成田発)

ホテル:カオルーンシャングリラ 

 

f:id:maho-ttt:20180120234437j:plain

大人になってからはじめての海外旅行は、香港に行きました。 

1日目の夜に香港に着き、送迎バスに乗ってカオルーンシャングリラへ向かいます。

 

香港観光は尖沙咀(チムサーチョイ)から

実質的な観光スタートは2日目朝から。

朝食は尖沙咀駅近くのお店「潮發粉麺餐廰」へ。

 

f:id:maho-ttt:20180120234509j:plain

f:id:maho-ttt:20180120234513j:plain

 

初めての海外で、いきなりローカル度満点なお店。

二人でピータンのお粥とワンタン麺をチョイス。

店員さんには英語もほぼ通じませんでした…でも味は最高!さすが美食の街。

これで一人300円ぐらいだから驚きです。

 

朝食を終えたら、早速尖沙咀をぶらぶら。

香港は消費税がかからないので、街中が免税店!お買い物天国!

尖沙咀には世界中の一流ブランドのお店がずらりと並びます。

円高の上にバーゲンの時期だったので、しばし夢中で買い物を楽しみました。

 

 

f:id:maho-ttt:20180120234539j:plain

 

昼食は尖沙咀の「映月楼(セレナーデ)」へ。

たまにガイドブックにも載ってますが、動物点心で有名なお店です。

 

 f:id:maho-ttt:20180120234613j:plain

 

ランチで一人2000円位と香港の中でもやや高めですが、海が一望できるとても良い立地ということもあってか、沢山のお客さんで賑わってました。

 

中環(セントラル)を街歩き

尖沙咀があるのは九龍半島(中国本土と地続き)で、一駅隣の香港島にある駅がセントラルです。

半島と島は海中トンネルで繋がっていて、お互いが目で見えるぐらい近くあっという間に着いちゃいます。料金も60円ほど!

 

香港島は小さな島であり、全体が山になってるので坂道がたくさん。

そのため、セントラルには「世界一長いエスカレーター」が設置されているとのこと。

f:id:maho-ttt:20180120234728j:plain

 

途中で何箇所か乗り継ぎの場所があり、終点まで行かずに途中で降りて散策開始。

 

f:id:maho-ttt:20180120234846j:plain

 

 

f:id:maho-ttt:20180120234852j:plain

ジグザグと坂をくだりながら西側へ。隣の駅、上環(ションワン)を目指します。

香港はとにかく建物が高層だ、とは聞いてたけど、本当にボロくて今にも崩れそうな建物も細長くにょきにょき沢山あって。

新しい建物と古い建物が混在していて、なかなか面白かったです。

 

上環ではスイーツのお店「満記甜品」へ。

ここではマンゴープリンやドリアンパンケーキをいただきましたが、、、

人生初のドリアン。嫌いな食べ物のほとんど無い私ですが、どうやらドリアンはダメみたいです。

 


シンフォニーオブライツ鑑賞


上環から地下鉄で尖沙咀に戻り、ホテルで休憩したり買い物をしたりして、夜になりました。

毎日20時から十数分行われており、無料で観られる香港名物の光のショー「シンフォニーオブライツ」を観るためにふたたびチムサーチョイの中心地に向かいます。

このショーは「毎日やっているショー」ということでギネス記録にもなっているのだとか。

 

f:id:maho-ttt:20180121000208j:plain

 

途中、香港スイーツで有名な「許留山(ホイラウサン)」へ。

マンゴーゼリー入りのジュースをテイクアウトして、ショーの見える海辺へ向かいます。

 

f:id:maho-ttt:20180121000221j:plain

 

20時になりました!これは尖沙咀側から見た、香港島の中環〜灣仔(ワンチャイ)付近の様子。

このショーは各ビルがライティングすることで成り立っており、九龍半島側でも香港島側でも観ることができるそうです。

香港島側の方がビジネス街(ビル)が多いので、尖沙咀から観るのが一番じゃないかな?

 

 

「夜上海」でディナー

 

ショーを観た後は夕食へ。

ミシュランで一つ星を獲得した「夜上海」へ向かいます。

  

f:id:maho-ttt:20180121000344j:plain

 

こんな食べかけの写真しかなくてスミマセン…。

コース料理でしたがなんと一人3000円台ととってもリーズナブル。

エビと茶葉の炒め物、野菜炒め、炒飯、豚の角煮、デザートまで、最後はもう食べられない!っていうぐらいの量。ごちそうさまでした。

そうそう、テーブルにおいてあったXO醤も感動的な美味しさでした。販売もしています。

 

2日目はこれにて終了です。