つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

カプリ島をのんびり散策(2018地中海DCL #8)

カプリ島を散策(港近辺〜丘の上)

運良くほぼ待たずして青の洞窟に入れたので、出航時間までまだかなり余裕がありました。

 

f:id:maho-ttt:20190521205424j:plain

 

まずツーリストインフォメーションで簡単な資料をいただきます。

 

f:id:maho-ttt:20190521205429j:plain

こちらは帰りのナポリまでの高速船の予約場。

 

f:id:maho-ttt:20190521205436j:plain

 

乗り場と時間を確認したところで、ケーブルカー(FUNICOLARE)に乗って島の頂上を目指すことにしました。

 

f:id:maho-ttt:20190521205440j:plain

 

チケットを窓口で購入して並びます。片道2ユーロ。

 

f:id:maho-ttt:20190521205443j:plain

f:id:maho-ttt:20190521205446j:plain

 

途中の景色は、南仏らしく素晴らしい!

レモンのなっている木、美味しそう、、、食べたい。

 

f:id:maho-ttt:20190521205449j:plain

 

このように真っ白な美しい家が、上から見下ろすとたくさん建てられています。

 

f:id:maho-ttt:20190521205452j:plain

 

頂上につきました。まず広場のようなところがあって、小道が無数にあるので思いおもいに散策する感じです。

 

f:id:maho-ttt:20190521205506j:plain

こういうアーチを見るとつい写真を撮りたくなるのが性。

f:id:maho-ttt:20190521205455j:plain

 

このシチリアレモンの香りがなんとも美味しそう!

ということで、レモンソルベをいただきました。

 

f:id:maho-ttt:20190521205500j:plain

f:id:maho-ttt:20190521205503j:plain

 

このイタリアっぽいタイルの並びもいいよね。

 

f:id:maho-ttt:20190521205510j:plain

 

小さめな教会もありました。

 

f:id:maho-ttt:20190521205514j:plain

 

坂の上から見下ろす風景。建て物がカラフルでポップな感じです。

 

f:id:maho-ttt:20190521205517j:plain

 

ここはお土産やさんも充実しています。

 

f:id:maho-ttt:20190521205521j:plain

 

こういう素敵な坂道をみると、撮りたくなっちゃいますねー。

 

f:id:maho-ttt:20190521205529j:plain

 このほかにも、レモンを使った食べ物のお土産やさんや香水のお土産やさん、

現地ならではのアクセサリー屋さんなど、観光地ならではのお土産やさんが多数あったので、お土産選びが楽しくできるのがカプリ島のいいところかな〜と思っています。

観光地化されたのんびりした島、という印象でした。落ち着いていてオススメです!

奇跡の絶景!カプリ島の青の洞窟へ(2018地中海DCL #7)

クルーズ3日目、最初の寄港地はナポリ

ロビーのミッキーからおはようございます!

 

f:id:maho-ttt:20190521182258j:plain

 

最初の寄港地、ナポリに到着しました。

 

f:id:maho-ttt:20190521182303j:plain

 

ナポリはイタリアの中でも特に治安が悪い地域ということで、少々身構えております。

 

f:id:maho-ttt:20190521182308j:plain

 

カバナで朝食をとりつつ、おやつとしてミッキーワッフルをジップロックに入れて、下船の準備はばっちり。

 

ナポリから青の洞窟までのアクセス方法

青の洞窟はカプリ島にあります。

カプリ島は、ナポリから高速船で約1時間。

下船できる最速の時間に降りて、さっそくこのカプリ行きの船のチケット売り場に向かいます。

 

f:id:maho-ttt:20190521182312j:plain

 

ところが、この船のシステムがまあいい加減で、どう考えても8:05出発の船に間に合わないだろう(カウンターに並んだのが8時ぐらい)というところで発券されてしまい、案の定間に合わず、もう一度カウンターに並んで次の船にしてもらいました。

それが青ペンの「8:35」の文字。

高速船のカウンターは2社あるのですが、どちらで買っても同じ船に乗るようです。

出発の時間帯によって価格が違い、片道20ユーロ程度。クレジットカード使用可能。ピークの時間帯が高いようです。

 

f:id:maho-ttt:20190521182316j:plain

 

高速船に乗って1時間。(つまり9:30過ぎ)カプリ島に到着しました。

 

f:id:maho-ttt:20190521182319j:plain

 

ここから、青の洞窟に向かう方法は「船」「バス」「タクシー」とあるそうです。

バスは所要時間がかかり、タクシーはお金がかかるため、今回は船を選択。

往復で15ユーロ、クレジットカード使用可能でした。

 

f:id:maho-ttt:20190521182322j:plain

 

この船に乗りました。たまたま日本人向け添乗員ツアーの方々と同じ船に乗り込んだので、説明を日本語で聞くことができました。

 

f:id:maho-ttt:20190521182326j:plain

 

青の洞窟アタック!

青の洞窟に到着しました。

 

f:id:maho-ttt:20190521182330j:plain

 

ここで大事なのは、青の洞窟は来たからといって必ず入れるわけではないということ。

入り口がとても狭いため、波が高い日は入れないそうです。

そういったリスクも承知で、入れたらラッキーという気持ちで来ました。

また、並ぶ時間の長さも日によっては1時間を超えたりするようなこともあるようです。朝早い方が短くて済みそう。

 

f:id:maho-ttt:20190521182333j:plain

 

ここに入場料が書かれています。ボート代と入場料をあわせて14ユーロ支払います。現金のみだったような気がします。

 

f:id:maho-ttt:20190521182337j:plain

 

ちなみに、ボートを漕いでくれるお兄さんが洞窟内で歌ったりサービスもしてくれるので、これにプラス1,2ユーロぐらい渡すのが相場のようです。

 

f:id:maho-ttt:20190521182340j:plain

 

ボートは3人の乗客+船頭さんが定員です。

ここが入り口。とても狭く、一度に入れる組に限りがあるので、近くで順番待ちをしています。

そして、ついに入りました…!

 

f:id:maho-ttt:20190521182345j:plain

 

すごい、本当に真っ青。

そしてよく響く洞窟なので、船頭さんが歌を歌ってくれます。

 

よく噂に聞いていた青の洞窟、実際に入ることができてすごく感激しました。

クルーズの寄港地に入っていたのもラッキーだし、一回で、しかもほぼ待たずに入れたのもラッキーが重なっていて、本当に良い思い出となりました。

キャラクターブレックファストと洋上日を満喫(2018地中海DCL #6)

キャラクターブレックファスト

クルーズ2日目になりました。

長いクルーズになると、キャラクターブレックファストが設定されている日があります。事前に予約が必要ですが、無料で参加できます。

 

f:id:maho-ttt:20190519201054j:plain

 

場所はローテーショナルダイニングの一つ、アニメーターズパレットでした。

 

f:id:maho-ttt:20190519201058j:plain

 

メニューはこちら。

 

f:id:maho-ttt:20190519201102j:plain

 

キャラクターたちはオーソドックスなコスチュームでした。

 

f:id:maho-ttt:20190519201109j:plain

 

ミッキー、ミニー、グーフィー…で全部だったかな?

 

f:id:maho-ttt:20190519201113j:plain

 

洋上日のイベントあれこれ

Anyone can cookというイベントがあります。

ここでは、各ディズニーパークのシェフがゲスト出演し、レシピをもとに調理を再現してくれます。

 

f:id:maho-ttt:20190519201123j:plain

 

また、味見程度ですがお酒と一緒にその料理をいただくことができます。

この時はシーバスとドリアに白ワインでした。

 

f:id:maho-ttt:20190519201129j:plain

 

フローズンのキャラクターグリーティングにも参加しました。

こちらもキャラブレ同様、事前予約制で、指定された時間になったら朝と同じくアニメーターズパレットに向かいます。

 

f:id:maho-ttt:20190519201136j:plain

 

船が動き出したらお土産やさんもチェックしたいところ!

ディズニークルーズの限定品がたくさん売られています。こちらはヨーロッパクルーズ限定の品物なのでレア度が高い!

 

f:id:maho-ttt:20190519201140j:plain

 

ディズニークルーズの最近のコレクションはシックで大人向けのおしゃれなデザインばかり。欲しくなっちゃいます。

 

f:id:maho-ttt:20190519201143j:plain

 

ルミエールのディナー

2日目のローテーショナルダイニングはルミエール。

美女と野獣がテーマのレストランです。

 

f:id:maho-ttt:20190519201146j:plain

 

メニューはこちら。

 

f:id:maho-ttt:20190519201150j:plain

f:id:maho-ttt:20190519201156j:plain

 

クルーズに必ず入っている名物のエスカルゴを頼みます。

 

f:id:maho-ttt:20190519201200j:plain

f:id:maho-ttt:20190519201204j:plain

 

ポタージュスープに、メインはサーモン。おいしかったです。

 

f:id:maho-ttt:20190519201207j:plain

f:id:maho-ttt:20190519201211j:plain

 

デザートはクレームブリュレをいただきました。満足!

 

f:id:maho-ttt:20190519201215j:plain