Trip Note

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

クルーズ7日目前半 Castaway Cayを遊び尽くす(2013年DCL東カリブ #13)

 

気づけばクルーズ7日目。明日はもう下船なんて寂しすぎる…
ですがクルーズ一番のハイライトがこの日なので寂しさを感じている暇などありません!

Castaway Cay(キャスタウェイキーと発音してました)はディズニー所有の無人島。領土の上ではバハマに属し、ディズニークルーズの乗客だけが行くことができます。
朝、島についてから、キャストさんが準備する時間が必要なため、朝食はカバナで島をながめながら食べます。

f:id:maho-ttt:20170923212710j:plain

9:45、下船開始時間とともに島に上陸!

f:id:maho-ttt:20170923212716j:plain

島は砂浜に並行するようにゲストが移動できるよう道が作られており、船〜ファミリービーチ〜アダルトビーチと奥に行くほど距離もあるので、トラムが走っていて自由に乗れます。

f:id:maho-ttt:20170923212721j:plain

ここがキャラグリでよく使われるフォトスポット。
今回は予定が盛りだくさんだったので、こちらのグリには行けませんでした。

f:id:maho-ttt:20170923212725j:plain

島のショップではキャスタウェイ限定グッズがたくさん売っており、これもルームキーひとつで買い物できるので、現金を持ち歩く必要はありません。

f:id:maho-ttt:20170923212728j:plain


今回は有料で4つのサービスがパッケージになっている、キャスタウェイを遊び尽くすプランを申し込んでいました。
・シュノーケルのレンタル
・浮き輪のレンタル
・エイとのふれあい(餌やりなど)
・レンタサイクル
が込みになっています。

早速シュノーケルをレンタルして隠れミッキーとミニーを探しに泳ぎます。
まずミニー発見!

f:id:maho-ttt:20170923212655j:plain

ライフジャケット着用が義務づけられており、体が浮いているのでそんなに泳ぎが得意でなくても大丈夫。
ほどなくしてミッキーも見つけました!

f:id:maho-ttt:20170923212702j:plain


他にも宝箱のオブジェなどが海底にあり、何かが沈んでいる場所にはブイ(浮き)が目印に浮かんでいるのでそれを目指して泳ぐと良いみたいです。
海水は澄んでいて、綺麗な魚もいっぱいいて泳いで楽しかったです。

f:id:maho-ttt:20170923212706j:plain

ランチタイムになりました。
クッキーズBBQというビュッフェレストランが島の中に2箇所あって、これもクルーズ料金に含まれているので食べ放題。

 

f:id:maho-ttt:20170923212739j:plain

名前の通りのバーベキューのお肉が人気です。

f:id:maho-ttt:20170923212743j:plain

そしてランチエリアの近くでキャラクターのダンスタイムも。
水着でキャラクターと一緒に遊べるのはアメリカだけの楽しみですね。

f:id:maho-ttt:20170923212746j:plain

次はエイとのふれあい体験。
レンタルは好きな時間に借りられますが、エイはグループに分かれて行うので、スタートの時間が決まっています。13時スタート。

まずは座ってお勉強タイム。エイの種類などを学びます。

f:id:maho-ttt:20170923212749j:plain

説明を聞き終わったらエイに餌やりタイム。
手に餌を持って水の下の部分に手を置くと、上からエイが食べてくれます。ぬるっとした触感でした。

f:id:maho-ttt:20170923212734j:plain

餌やりのあとはシュノーケルでたくさんのエイと一緒に泳ぐ時間も。
野生のエイはしっぽに毒を持っているそうですが、この島のエイはその毒針を処理(爪を切るようなものなのでエイの体には負担がないそう)されているので安全、ということでした。

エイとのふれあいを終え、次はレンタサイクル。
島をぐるっとまわりましたが、日差しも暑いのでそこそこに。

f:id:maho-ttt:20170923212753j:plain

18歳以上限定のビーチまで行き、有料のカクテルをオーダー。

f:id:maho-ttt:20170923212756j:plain

大人限定のビーチなだけあって静かで過ごしやすかったです。
地上の楽園という言葉がぴったり。

f:id:maho-ttt:20170923212800j:plain

16時には船に戻らないといけないので、あっという間にひきあげます。
最後、船のところにデイジーがいましたー!

f:id:maho-ttt:20170923212804j:plain

クルーズ6日目 後半の洋上Day(2013年DCL東カリブ #12)

クルーズも気づけば残りわずか。後半の洋上Dayです。

f:id:maho-ttt:20170922225332j:plain

カバナで昼食をとった時のデザート。スイーツてんこ盛りです。

f:id:maho-ttt:20170922225335j:plain

■2回目のプレゼンテーション(シュガーラッシュ製作裏話)

クルーズ前半でゲストスピーカーに来ていたアニメーターの女性が再度登場し、プレゼンを行ってくれました。
またもやシュガーラッシュの話がメインです。

f:id:maho-ttt:20170922225339j:plain

3つの形、色合いをそれぞれの世界にあわせて打ち出して、それがどのように映画に反映されているか、という説明。

f:id:maho-ttt:20170922225342j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225349j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225352j:plain

シュガーラッシュの世界観を作るために、リトルトーキョー(ロサンゼルス内のだと思います)でお菓子をたくさん買って、実際にお菓子の家を作るところからやった、という話。照明のせいでしょうか、スタジオが暑くてお菓子が溶けてしまったりして大変だったという話をしていました。

f:id:maho-ttt:20170922225357j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225400j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225407j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225412j:plain

こうやって一つ一つのキャラクターや背景に反映させていくのだそうです。アニメといっても色々な行程があるのだなぁとわかって興味深いです。

f:id:maho-ttt:20170922225416j:plain


セミフォーマルディナー

この日のドレスコードセミフォーマル。というわけでキャラクターもドレス姿です。デイジー可愛い。
背景にあるのはウォルトディズニーシアター。
この日は「Believe」というミュージカルがこのシアターで行われました。
父と娘が主役でディズニーキャラクター総出演のこの演目はとても人気があります。

f:id:maho-ttt:20170922225422j:plain

ディナーはロイヤルコート。

f:id:maho-ttt:20170922225443j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225447j:plain


メニューは牡蠣、ミネストローネ、ロブスター。

f:id:maho-ttt:20170922225426j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225433j:plain

f:id:maho-ttt:20170922225436j:plain

デザートはテンプテーションズ

f:id:maho-ttt:20170922225440j:plain

 

クルーズ5日目 セントトーマス島(2013年DCL東カリブ #11)

■2つめの寄港地 セントトーマス島
カリブ海の島はヨーロッパ領も多いのですが、セントトーマス島は米国領です。
昔はデンマークの領土だったそうです。

f:id:maho-ttt:20170920001802j:plain

船がまず降ろされる場所。テンダーボートではないので、降りてそのままこのショッピングエリアにいけます。
お店はあまり多くはないですが、タックスヘイブン租税回避地)のため、宝石などがアメリカ本国よりとても安いようです。

オプショナルツアーの申し込みをしていないので、自力で歩ける範囲で観光。
シャーロットアマリーというエリアが徒歩圏内で、かつ観光名所があったりショッピングスポットもあるということなので、そこまで散歩。

f:id:maho-ttt:20170920001807j:plain

フォートクリスチャン。カリブ海の中でも最古の建物だそうで、デンマーク時代は砦として使われていたとか。

f:id:maho-ttt:20170920001810j:plain
これもデンマーク時代の教会です。

f:id:maho-ttt:20170920001818j:plain

99 steps。その名の通り細い路地裏に99の階段があるだけなのですが、登り終わったら小高い丘の上で、見晴らしがちょっとだけ良いです。

f:id:maho-ttt:20170920001823j:plain

野良ニワトリがいたことにびっくり。

f:id:maho-ttt:20170920001828j:plain

クルーズ内はインターネットが非常に高いため、港のWifiの入るカフェで少し休みましたが、食事をとるためお昼過ぎにはクルーズに戻ってきました。
カバナで海を眺めながらの昼食。ムール貝が美味しかった〜

昼食後はまたまた船内散策。
ティーンエイジャー専用の部屋を覗いたり、アニメ(イラスト作り)のデモンストレーションに参加したり、アクアダック(ウォータースライダー)に乗ったりして楽しみました。


■ディナー@エンチャンティッドガーデン

今日のメニューは憶えていなかったので、メニューが載っているサイトを頼りに探してみました。


Thyme and Garlic Brioche

f:id:maho-ttt:20170920001832j:plain

Duck Consommé

f:id:maho-ttt:20170920001835j:plain

Roasted Pork Tenderloin seasoned with Smoked Salt(自信なし…)

f:id:maho-ttt:20170920001839j:plain

Strawberry Cheesecake

f:id:maho-ttt:20170920001843j:plain

■食後はスカイライン

このお店の特徴は、美しい世界6都市の夜景を最新のビジョンで臨場感たっぷりに見られること。

バー営業の時間帯は18歳以上しかお店に入れず、ドリンクはすべて有料(クルーズとは別料金)です。

f:id:maho-ttt:20170920001903j:plain

メニューには各都市の名前を冠したカクテルたちが。

f:id:maho-ttt:20170920001846j:plain
光るブロックとともに、こんなおしゃれな姿でやってきました!

f:id:maho-ttt:20170920001854j:plain

 

画面に映し出される「夜景」は時間ごとに各都市に変わります。

ニューヨークの画面では、窓越しにミッキーの姿が!!

f:id:maho-ttt:20170920001858j:plain


この日のタオルアートはうさぎでした。

f:id:maho-ttt:20170920001906j:plain