つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

モロッコのスーパー「カルフール」お買い物記(2018年モロッコ #8)

マラケシュのリヤドブッサにチェックインし、一休みしたらお出かけです。

 

夕暮れ時のフナ広場

 

f:id:maho-ttt:20180902195006j:plain

 

昼間はだだっ広いフナ広場ですが、夜になるにつれ徐々に食べ物の屋台が出没します。

 

f:id:maho-ttt:20180902195010j:plain

 

このごちゃごちゃした感じがとてもモロッコっぽい。

 

フランス系スーパー「カルフール」へ

フナ広場を出たところで、タクシーに乗ります。

リヤドの人からのアドバイスとして、タクシーに乗る場合は事前に料金交渉が必須!でないと、後から大金をぼったくられます。

距離からして、交渉料金の目安は15DH(ディルハム)とのこと。

お金を握りしめて交渉して乗車。相乗りも当たり前なのでびっくりしないことと、GPSでちゃんと地図を見ていないと、変なところに行ってしまい、途中で一生懸命説明して戻ってもらいました。

 

f:id:maho-ttt:20180902195013j:plain

 

そうこうしてようやく、たどり着きました。

 

f:id:maho-ttt:20180902195017j:plain

 

世界のスーパーを見て回るのが大好きな私。

ロッコは市場文化のため自国のスーパーというものはあまり無いようで、フランス系のスーパーが多いようです。

 

f:id:maho-ttt:20180902195021j:plain

 

オリーブとか塩レモンが売ってるあたりがモロッコっぽい。

 

f:id:maho-ttt:20180902195025j:plain

 

こちらが日本人観光客には一番おすすめのコスメコーナー。

アルガンオイルガスール石鹸、サボンノワール(黒オリーブペーストの石鹸)など、お土産にぴったりなものがリーズナブルな値段で買えます。

スーパーなので現金ではなくカードが使えるのも嬉しいところ。

また、他のヨーロッパ系スーパーと同じく、袋は有料なのでエコバッグを持参するといいと思います。

 

リヤドブッサのディナー

 

たくさん買い物をして満足してリヤドへ戻ります。

今晩はディナーを中で食べるよう予約していました。1階の吹き抜けスペースにテーブルがセットされて、お客さんも私たちをいれて二組しかおらず、静かな高級レストランの雰囲気です。

 

f:id:maho-ttt:20180902195029j:plain

 

こちらは前菜。トマトのマリネサラダ、ズッキーニ、サモサのような揚げ物。

 

f:id:maho-ttt:20180902195032j:plain

 

メインはチキンと豆のタジン鍋でした。柔らかくて美味しかった〜

 

f:id:maho-ttt:20180902195035j:plain

 

と、タジン鍋を食べていたら足元に気配が。

とっても物欲しそうに眺めるネコくん。

だめだよー。あげない。と言いつつ、ちょっと遊んでました。

 

f:id:maho-ttt:20180902195039j:plain

 

デザートはりんごと洋梨の掛け合わせ?のようなフルーツのシナモン煮。優しい味付けでした。

 

f:id:maho-ttt:20180902195042j:plain

 

女の子のネコちゃんは我々に全然興味を示さず、マイペースに佇んでいました。

 

f:id:maho-ttt:20180902195045j:plain

 

お部屋に戻るとこんな素敵なメッセージとクッキーが。

こじんまりしたおしゃれリヤドに泊まるってなんとも言えない素敵な経験です。おやすみなさい!

マラケシュで最高にかわいい宿、リヤドブッサ宿泊(2018年モロッコ #7)

ロッコ旅行5日目。フェズから飛行機でマラケシュ空港に到着しました。

 

ジャマエルフナ広場を通ってリヤドへ

 

RIAD BOUSSAという紙を持って待っていたドライバーさんと会い、車に乗り込みます。

 

f:id:maho-ttt:20180822181608j:plain

 

車からマラケシュのシンボル、クトゥビーヤのミナレットが見えてきました。ちなみに内部の見学は不可。

車はジャマエルフナ広場の入り口まで。フェズもそうでしたが、広場より中は車が入れないので、リヤカーを持った宿の人が別でお迎えに来てくれてバトンタッチ。

 

f:id:maho-ttt:20180822181612j:plain

 

地図でいうとフナ広場の東側になります。

小さめのスーク(市場、というか商店街?)を少し歩き、路地裏に入ります。

 

f:id:maho-ttt:20180822181615j:plain

 

マラケシュはフェズと違って、壁はみんな赤と決まっているみたい。

 

リヤドブッサ到着!

 

リヤドブッサに到着しました!

 

f:id:maho-ttt:20180822181620j:plain

 

うわぁ、なんて可愛いの…!

赤を基調としたインテリアはフランス人オーナーこだわりのもの。

そしてこのリヤドには、2匹の猫が住んでいます。

 

f:id:maho-ttt:20180822181623j:plain

 

まずは女の子。「あら、また日本人が来たわ」とでも言いたげな目です。割とマイペースな感じの子でした。

 

f:id:maho-ttt:20180822181627j:plain

 

対して男の子。この子はすごく人懐こかった!どんどん近寄ってきて、営業上手な子です。

 

f:id:maho-ttt:20180822181630j:plain

 

ウェルカムクッキーとミントティーをいただきながらチェックイン。

このリヤドはフナ広場から徒歩10分弱の路地裏にあるので、自力で果たして道が分かるかしら…という私たちのために、とっても分かりやすくフナ広場から帰る時の目印を説明してくれます。

おまけに観光のおすすめルートやタクシー料金の相場をプリントしたもの(英語)までくれました!おもてなしの精神に感激。

 

f:id:maho-ttt:20180822181634j:plain

 

こちらの男性はアリさんという細身のかっこいいリヤドのスタッフ。

ここからアリの妹さんにバトンタッチし、館内を案内してもらいます。

 

f:id:maho-ttt:20180822181638j:plain

f:id:maho-ttt:20180822181646j:plain

 

ここにも屋上に素敵なテラスがありました。残念ながらこの後雨続きで、結局上で朝食をいただく機会はありませんでしたが…

 

次は泊まるお部屋に案内してもらいます。

 

f:id:maho-ttt:20180822181642j:plain

 

きゃー、こっちもかわいい!

このリヤドは全4部屋しかないこじんまりとした宿。ちなみに、それに加えてオーナー用の部屋もあったのですが、現在は別の家に移ったため、そこも客室として近々オープンするために工事中なのだそうです。つまり全5部屋になるのね。

 

f:id:maho-ttt:20180822181650j:plain

 

バスルームがレトロなんだけど清潔感があってオシャレ!

 

f:id:maho-ttt:20180822181653j:plain

 

お湯が溜まるのはとてもゆっくりだったけど、バスタブもあります。

部屋で少しリラックしたら、次は街に繰り出します!

フェズ→マラケシュまで1時間!エアアラビア搭乗記(2018年モロッコ #6)

フェズからマラケシュまでの移動について

今回の旅行記で力を入れて書こうと思っていた、フェズからマラケシュの移動について。

以前は、電車移動(または車)しか手段はありませんでした。

所要時間はなんと6時間以上。

ロッコ国鉄はそれほどひどい遅延はないというものの、所詮アラブの国なので日本に比べれば遅延もあるだろうし、日本の列車のようにリクライニングもできません。

腰痛持ちの私にはハードすぎる…。

 

そんな中、朗報が!

2017年から、エアアラビアモロッコAir Arabia Maroc)という航空会社が就航し、フェズーマラケシュ間をぴったり1時間で往復する便があるとのこと。

週3便ですが、日本〜モロッコ間の飛行機をとった後でその存在を知り、幸運にも滞在スケジュールとぴったり合ったので予約をとりました。

 

公式サイトではありませんが、日本語でのフライトスケジュールなどはこちら。

flyteam.jp

 

予約はエアアラビアのサイトから英語で行いました。

Air Arabia

フェズの空港コードFEZマラケシュ空港コードはRAKです。

 

LCC(ローコストキャリア)のため、預け荷物がある場合は有料でオプションをつける必要があります。

私たちはスーツケースがあったので、預け荷物15kgのオプションを選択しました。なぜか「預け荷物とサンドイッチ付き(飲み物なし)」という不思議なパッケージ。

 

とっても綺麗なフェズ空港へ

リヤドの送迎サービスを利用し、200DHで空港まで送ってもらいました。

(タクシーより割高なのは承知していますが、タクシーの料金交渉や言葉が通じないトラブルなどのストレスを減らしたかったので、リヤドへの往復は基本的にすべて事前手配していました)

 

f:id:maho-ttt:20180813140826j:plain

 

フェズ空港はものすごく新しくて綺麗!

 

f:id:maho-ttt:20180813140836j:plain

 

昼間は自然光のみで照明を使わないあたりがアラビアの国っぽいです。

 

f:id:maho-ttt:20180813140841j:plain

 

チェックインカウンターで荷物を預けます。空港なので英語が通じました。

 

f:id:maho-ttt:20180813140845j:plain

 

ここがセキュリティゲート。

 

f:id:maho-ttt:20180813140849j:plain

 

セキュリティーを抜けると、免税店があります。

フランスやスペインなど、ヨーロッパの都市との国際便があるようです。

 

f:id:maho-ttt:20180813140854j:plain

 

プライオリティパスを持っていたのでラウンジにも入ってみました。

 

f:id:maho-ttt:20180813140859j:plain

 

といっても、小さな地方空港のラウンジなので席はほんのわずか。

ドリンクとサンドイッチをオーダーする形式ですが、サンドイッチは機内でも食べるのでとりあえずドリンクだけいただきました。無料でwifiがさくさく繋がるのが嬉しいところ。

 

f:id:maho-ttt:20180813140903j:plain

 

搭乗時間になりました。小さな飛行機なのでゲートから歩いてタラップに向かいます。

 

f:id:maho-ttt:20180813140908j:plain

 

就航したばかりなので機内も当然新しくてきれい。

 

f:id:maho-ttt:20180813140920j:plain

 

サンドイッチは事前に3種類の中から選べて、私はチキンのモロッコ風サンドイッチをいただきました。外側はフランスパン。味はなかなか美味しかったです。

 

f:id:maho-ttt:20180813140924j:plain

 

マラケシュ空港に到着しました!

こちらも新しくて開放的で綺麗な空港です。

ここからマラケシュ編に続きます。