つめこみトラベラー

海外旅行の記録。世界中のディズニーパークを制覇しました。

バトゥ洞窟からセントラルマーケット(2017年マレーシア/タイ #2)

クアラルンプールの人気No1観光地、バトゥー洞窟

 

朝食を共にしたマレーシア人の友達が近くだったので送ってくれました。

バトゥケイヴ、日本語だとバツー洞窟などと訳される場所。

ここはKL市内から電車1本、40分ほどで行ける人気の観光地です。

 

f:id:maho-ttt:20180715230212j:plain

 

後ろにある階段と、手前の黄金の像の比率、わかりますか。

 

f:id:maho-ttt:20180715230218j:plain

 

これ。スケールがすごすぎる。

階段は272段あるそうなのですが、注意点としては両脇に猿が出没するということ。帽子とか、取られて困るものは持たないこと。

その注意点を守って、4エリアの階段のうち行きも帰りも真ん中を選んだら、猿はやってきませんでした。

 

洞窟内部にもたくさんのお祈りの場などの彫刻がありました。

マレーシの国教はイスラム教ですが、この洞窟は国内最大のヒンズー教を祀る洞窟です。

 

f:id:maho-ttt:20180715230242j:plain

f:id:maho-ttt:20180715230246j:plain

 

たっぷり観光したあとは電車に乗って市内に戻ります。

 

f:id:maho-ttt:20180715230250j:plain

 

国立モスクの見学時間を1分オーバーして中に入れてもらえず…がーん…

少し待てば次のチャンスがあったかもしれないのですが、諦めることに。

今回はピンクモスクもブルーモスクも行ってないので、次回の宿題ですね。

 

f:id:maho-ttt:20180715230253j:plain

 

KLには「GOKL」という、誰でも無料で乗れる循環型観光バスがあるので、それに乗って移動します。

 

 

f:id:maho-ttt:20180715230257j:plain

f:id:maho-ttt:20180715230301j:plain

 

おしゃれな建物が並ぶ地域から、向かうはセントラルマーケット。

 

f:id:maho-ttt:20180715230306j:plain

 

お昼時だったので、2階のPreciousというレストランで昼食をすることに。

 

f:id:maho-ttt:20180715230309j:plain

 

マレーシア名物のナシ・レマ(こちらは友達が選んだもの)

 

f:id:maho-ttt:20180715230314j:plain

 

私は念願のラクサヌードル!!ああ、辛くて甘いココナッツミルクスープが染み渡る…!おいしい…からい…おいしい!

 

f:id:maho-ttt:20180715230318j:plain

 

食後すっかり回復したところでマーケットの散策。

 

f:id:maho-ttt:20180715230322j:plain

 

マレーシアエリアや、リトルインディア、チャイナストリートなど、エリアが分かれていて、それぞれの国の民芸品などがお土産として購入できます。

それぞれの国の文化が入り混じったマレーシアならではのマーケットですね。

 

f:id:maho-ttt:20180715230326j:plain

 

私はここでリバーシブルに使えるストールを2枚購入しました。

ちょっとだけ値段交渉もできますが、大量買いをする場合は有効かな。定価は基本的に書いてあって、それでも十分安いです。

ショップのほかにもマッサージ、ヘナタトゥー、ドクターフィッシュもやっていて、さながら縁日のようでもありました。

お土産を探すだけじゃなく、歩いていても楽しめる観光地としてぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

マレーシア人と楽しむローカルグルメ(2017年マレーシア/タイ #1)

時期:2017年8月 5泊6日

航空会社:香港エクスプレス&エアアジア

ホテル:ロイヤルチュランクアラルンプール(マレーシア)、ドリームバンコク、アマリドンムアンエアポート(バンコク

 

お盆に安く飛行機に乗る方法

 

普段は極力、世間のピークとずらして旅行をするようにしているのですが、今回は割と飛行機の高い時期に休みになったので、ものすごく考えました。

リサーチの結果、以下の組み合わせで安くすることに成功!

羽田〜香港往復 香港エクスプレス航空 約3万円

香港〜クアラルンプール〜バンコク〜香港 エアアジア 25000円

 

通称「別切りチケット」と呼ばれる予約方法。

違う航空会社なので、もし乗り継ぎで遅れた場合は補償がありません。そのため乗り継ぎに多少の余裕を持たせることをおすすめします。

 

f:id:maho-ttt:20180714190628j:plain

 

行きの乗継の香港では、翡翠拉麺小籠包で担々麺をいただきました!

 

 

初めてのクアラルンプールへ

 

f:id:maho-ttt:20180714190638j:plain

 

エアアジアで香港からマレーシアへ。

空港に到着。入国審査はかなり混んでいて、1時間ぐらい並びました。

 

f:id:maho-ttt:20180714190643j:plain

 

無事にイミグレを抜けて市内へ移動。

ターミナルから市内へはKLIAエクスプレスという電車があり、値段はちょっと割高ですが、市内まで28分と、快適に移動できます。

 

f:id:maho-ttt:20180714190651j:plain

 

車内はwifiも通っています。

 

 

駐在日本人に人気の中華系マレーシア料理

 

KLセントラル駅に到着。

今回のマレーシア旅行では、その年に移住したばかりの友人に案内をしてもらう約束をしていました。

彼女の同僚で日本語を勉強中のマレーシア人ふたりが私に会ってみたいということだったので、4人でディナーをすることに。

 

f:id:maho-ttt:20180714190656j:plain

 

連れてきてもらったのは客家飯店(Hakka)というレストラン。

友人いわく、駐在の日本人に人気のお店だそうで、仕事仲間のディナーで来ることもよくあるそうです。

半分は屋外のテラス、半分は屋内で、中の冷房がかなりきつかったので外のテーブルにしてもらいました。

 

f:id:maho-ttt:20180714190705j:plain

 

せっかくなのでローカルの彼女たちにメニューはお任せ。野菜と海鮮、肉がたっぷり入ったスチームボートが人気なのだそう。

 

f:id:maho-ttt:20180714190709j:plain

 

少し甘めのスープなのがマレーシアならではなのだと思います。初めての味!辛いのかなと勝手に思っていたので、食べやすくてとても美味しかったです。

 

 

五つ星ホテル!ロイヤルチュラン クアラルンプール

 

初めてのマレーシア。

物価上昇中とはいえ、まだホテル代が他都市に比べると圧倒的に安いので、奮発して五つ星ホテルに泊まることにしました。

 

f:id:maho-ttt:20180714190713j:plain

 

宿泊を決めたのはロイヤルチュラン クアラルンプール。

数ある五つ星ホテルの中でも、大半は世界中にある外資系ホテルですが、ここは数少ないマレーシア資本。

 

f:id:maho-ttt:20180714190811j:plain

 

客室が広い!奥にウェルカムフルーツが置いてあります。

 

f:id:maho-ttt:20180714190814j:plain

 

部屋の窓からツインタワーがしっかり見える最高の眺め。

 

f:id:maho-ttt:20180714190717j:plain

 

南国のホテルには必須のプール。今回は時間がなかったですが、天気のいい日はここでのんびりできたら最高だろうな。

 

 

ローカル度100%のバクテー屋さん

 

翌朝、日本人の友人と一緒に、前日ディナーを共にしたうちの一人が美味しいバクテー(肉骨茶)のお店に連れていってくれるということだったので待ち合わせ。

 

f:id:maho-ttt:20180714190732j:plain

 

ガイドブックには絶対載っていない、車じゃないと来られないローカルなお店に連れていってもらいました。

 

f:id:maho-ttt:20180714190736j:plain

 

バクテーは汁ありと汁なしの2種類。お肉が柔らかくて、甘辛の味付けがじんわりと染み渡ります。

朝からこんな美味しいものをマレーシアの人たちは食べてるんだな〜。

 

食後はマレーシア人の子とはお別れ。クアラルンプール必見の観光名所に向かいます!

週末弾丸旅、スーツケースを買いにソウルまで。(2017年ソウル #1)

時期:2017年7月 1泊2日

航空会社:ピーチアビエーション

ホテル:シンシンホテル(市庁/明洞エリア)

 

 

きっかけはRimowaの韓国限定モデル

 

2012年にハワイのリモワで、北米限定色であるパールローズのサルサエアーに一目惚れをして購入。それ以来5年間ずっと愛用していました。

ところが、最軽量のモデルだったため、欧米など頻繁に行き来しているうちに角の部分がひび割れてきたのです…。

そんなわけで次のスーツケースについて迷っていたところ、サルサエアーより少しだけ頑丈なサルサというモデルの、韓国限定色であるラベンダーパープルが出ていることを知りました。

これに買い替えようと決めて、ちょうどピーチから安い航空券が出ていたので韓国行きを決めたのでした。

 

1日目(前夜)羽田空港から仁川へ

 

深夜1:55発の飛行機だったので、終電で羽田空港へ。

仁川空港に着いたのは4:20で、機内では頑張って睡眠をとっていました。

 

空港に着いて始発のAREXを待ち、電車でソウル駅へ移動。

駅から歩いてシロアムサウナというチムジルバンへ向かいます。

お風呂とサウナのほか、久しぶりにアカスリもして、カーテンで個別に区切られた仮眠室でお昼前まで寝ていました。

 

 

f:id:maho-ttt:20180713024438j:plain

 

起きたら行動開始。南大門まで続く遊歩道「ソウル路7017」を歩いて、ソウル駅まで向かいます。

明洞に移動して、めでたくRimowaをゲットし、ホテルに向かいました。

 

f:id:maho-ttt:20180713024447j:plain

 

今回泊まったのは、口コミで非常に評価の高かったホテル シンシン。

どの駅からも数分は歩きますが、市庁駅、南大門駅、そして明洞にも歩いていける便利な立地です。

 

f:id:maho-ttt:20180713024451j:plain

 

何より部屋が新しくてキレイ!

ここの特徴は部屋に茶葉などがなくてフロント横のラウンジのようなところでもらうこと。そこにクッキーやコーヒー、お茶が置いてあります。

 

f:id:maho-ttt:20180713024454j:plain

 

無事ゲットしたスーツケースはこちら!

今回はLCCの旅ですが、帰りだけ預け荷物のオプションをつけておきました。これで心置きなくショッピングができます。

 

 

明洞でかき氷&参鶏湯

 

夏のソウルに行ったらかき氷を食べたい!と決めていました。

向かった先はお茶の専門店であるo'sulloc TEA HOUSE(オースロック)。

ソウルに何店舗かありますが、明洞の店舗は1階が物販スペースで、2,3階がイートインスペースでした。

 

f:id:maho-ttt:20180713024444j:plain

 

実はお腹の調子が悪かったのですが、どうしても食べたかった緑茶のかき氷。

氷は流行りのふわふわではなく、どちらかというと粗めな昔ながらの氷です。そこにあずきと白玉が乗っており、日本人が間違いなく好きな味。

 

案の定お腹を壊してしまったので、夕飯はお腹にやさしい参鶏湯をいただきに、高峰参鶏湯へ。

 

f:id:maho-ttt:20180713024458j:plain

 

高い参鶏湯もあったのですが、ノーマルな方の参鶏湯にしました。

ぐつぐつの石鍋、とろみのあるスープ!

お腹の調子が悪かったはずなのに、ゆっくり時間をかけてきれいに完食してしまいました。

 

f:id:maho-ttt:20180713024503j:plain

 

 

干し鱈のスープで体にやさしい朝食

 

f:id:maho-ttt:20180713024511j:plain

 

2日目朝。干し鱈のスープで有名なプゴグッチッで朝食をいただきました。

 

f:id:maho-ttt:20180713024507j:plain

 

このお店はメニューがシンプルに1種類のみ。明洞エリアにあるので、日本人観光客もたくさん来ていました。

価格が7500ウォンとお手頃なことから、地元の人にも愛される昔ながらのお店です。

参鶏湯とはまた違ったやさしい味で、体に栄養が染み渡る感じがしました。

 

 

東大門で二度目のティーハウス

 

ホテルをチェックアウトし、東大門エリアで洋服やネイルのお店をぶらぶら。

本当であればかき氷の食べ比べをしたかったのですが、まだお腹の調子が戻っていなかったので、ここはおとなしく普通のスイーツをいただきに。

 

f:id:maho-ttt:20180713024517j:plain

 

迷った挙句、2日連続でo'sulloc TEA HOUSEに来ちゃいました。

 

f:id:maho-ttt:20180713024514j:plain

 

ホット緑茶ラテと緑茶チーズケーキをいただきました。落ち着いた空間で癒された〜。

 

ロッテマートでお買い物

 

旅の締めくくりはロッテマートで買い物!

干し鱈のスープが気に入ったのでインスタントのスープを買ってきたり、空港で食べるためのキンパッを買ったり。

 

f:id:maho-ttt:20180713024525j:plain

 

19時にソウル駅を出てAREXで20時に仁川空港到着。

22:40ソウル発、0:55羽田着で帰国しました!