Trip Note

旅と海外ディズニーにまつわるあれこれ

タリン日帰り旅!前半(2014年6月フィンランド&エストニア #3)

フィンランド滞在3日目。
今日は日帰りエストニア小旅行がメイン!

■事前手配
今回手配でお世話になった会社は、日本の代理店さんでした。
http://www.tumlare.co.jp

タリンクシリヤラインというクルーズ船で、ヘルシンキエストニアの首都タリンを船で結ぶこと、片道2時間。気軽に日帰り旅ができる距離です。

ヘルシンキの港へ
さて、ホテルから港を目指すのですが、
前日までの記事の通り、街中はトラムが発達しているので、港までもトラムで行くことができました。

f:id:maho-ttt:20171205233842j:plain

中に入ると空港や電車の駅と変わりませんね。

f:id:maho-ttt:20171205233849j:plain

別の国に行くので、出国審査があります。

f:id:maho-ttt:20171205233857j:plain

それを抜けて乗船。これが乗る船です!

f:id:maho-ttt:20171205233905j:plain

全部で9階建てのよう。
といっても、6階より下は車を積む場所のようなので、人が乗れるのは7-9階。

f:id:maho-ttt:20171205233908j:plain

さっそく船内探索!
船の中は免税なのですが、おみやげ屋さんの他に小さなスーパーなどもありました。

f:id:maho-ttt:20171205233920j:plain

キッズが遊べるスペースもあります。

f:id:maho-ttt:20171205233924j:plain


食堂スペースもありましたが、出発が朝早くだったためか、利用客はほとんどおらず。

f:id:maho-ttt:20171205233915j:plain

あっという間に2時間のクルーズで、タリンに到着!

f:id:maho-ttt:20171205233928j:plain

客引きのバイクやバスがたくさん停まってます。

f:id:maho-ttt:20171205233931j:plain

お目当の旧市街までは歩いて15分ほど。目の前の壁を目指していきます!

f:id:maho-ttt:20171205233936j:plain


旧市街の散策は後半へ続く!

 

マリメッコ本社に潜入!(2014年6月フィンランド&エストニア #2)

■ハカニエミマーケットへ

フィンランド滞在2日目。
まずは地下鉄に乗ってハカニエミマーケットへ向かいます。
観光の定番スポットだそうで。

f:id:maho-ttt:20171202234322j:plain

f:id:maho-ttt:20171202234326j:plain

屋外は少し屋台が出ているのと、建物の中にもマーケットがあります。

f:id:maho-ttt:20171202234315j:plain

外の屋台で軽くワッフルをいただきました。

f:id:maho-ttt:20171202234337j:plain

続いて中へ。食料品を売るエリアと、雑貨などのエリアがあり。
特に何を買うわけでもないけれど、地元の雰囲気を感じられるマーケットはすごく好きです。

f:id:maho-ttt:20171202234330j:plain

ガラスショーケースの右上にあるスイーツっぽいものが、北欧らしい。
IKEAでプリンセスケーキって名前がついてるやつみたいな。

f:id:maho-ttt:20171202234334j:plain


マリメッコ本社へ!

さて、本日のメインイベント。
マリメッコをご存知ない方に簡単にご紹介すると、こちら。

f:id:maho-ttt:20171202234318j:plain

ヘルシンキの街中で1日目に撮った写真です。
フィンランドを代表するテキスタイルブランド。
生地も売っているし、洋服や雑貨も売っています。
特にこの2014年は、このケシの花をモチーフにした「ウニッコ」が50周年だったそうで、街中にあるマリメッコの直営店(いくつも見ました)が華やかに彩られていました。

このマリメッコ本社ですが、まず行き方が個人旅行だと少々難しい。
電車で数駅いって、駅から10分ぐらい歩きます。
当時はwi-fiもレンタルしていなかったので、地図を見て頑張って予習してから行きました。

f:id:maho-ttt:20171202234341j:plain

ようやく到着!テンション上がります。
何があるのかというと…

f:id:maho-ttt:20171202234345j:plain

マリメッコ本社の見どころその1、アウトレットがあること!
日本だとかなり高価なのですが、何割引という値段で売られています。
私が買ったのはワンピース、便箋、マウスパッド、携帯ケースなどなど。
生地もたくさんありました。

f:id:maho-ttt:20171202234348j:plain

そしてマリメッコ本社に来たら外せないのが、社食。
誰でも食べることができるのです。
値段は12ユーロぐらいだったと記憶していますが、とにかく物価の高いフィンランドのランチにしては良心的な値段設定。そしてビュッフェなので野菜がたっぷり摂れるのも嬉しいところです。

f:id:maho-ttt:20171202234351j:plain

マリメッコ本社には日本人がたくさん来ていました。ツアーでまわってるのかな?市内ではあまり見なかったのに、、大人気のようです。
そんなわけで大満足のマリメッコ本社訪問でした!

 

初夏のヘルシンキへ!(2014年6月フィンランド&エストニア #1)

時期:2014年6月 5泊7日

手配:Expedia

航空会社:フィンエアーフィンランド航空)

ホテル:グロ ホテル ヘルシンキ クルーヴィ

 

マリメッコとコラボ中のフィンエアー

今回は限られた日程で満喫するため、少し割高だけどフィンエアーの直行便を使いました。
フィンランドを代表するテキスタイルブランド、マリメッコとコラボ中のフィンエアー

運が良ければマリメッコのウニッコ柄(ウニッコの写真は別の記事にて!)の機体かも!?と思いましたが、普通の飛行機でちょっと残念。

 

f:id:maho-ttt:20171120231803j:plain

ですが、アメニティはマリメッコでした。こちらは枕と毛布。

f:id:maho-ttt:20171120231807j:plain

機内食の紙ナプキンも。

f:id:maho-ttt:20171120231810j:plain

コップもマリメッコのデザイン。
これも北欧らしくていいけど、ウニッコだったらもっと良かったなぁ。

f:id:maho-ttt:20171120231815j:plain

11時成田発、同日15:20ヘルシンキ到着。
バスに乗って35分でヘルシンキ中央駅へ。

f:id:maho-ttt:20171120231821j:plain

そして徒歩でホテルへ移動します。

f:id:maho-ttt:20171120231825j:plain

今回のホテルは口コミで評判の良かったデザイナーズホテル、グロホテル。

f:id:maho-ttt:20171120231828j:plain

北欧らしい、シンプルで現代的なデザインのホテルです。

f:id:maho-ttt:20171120231833j:plain

f:id:maho-ttt:20171120231838j:plain

荷物をおいて早速出かけます。
北欧の他の街もそうですが、ヘルシンキもトラム(路面電車)が発達しています。

f:id:maho-ttt:20171120231841j:plain

ヘルシンキフィンランドの南端に位置します。
コンパクトな街なので、歩いて海沿いのエリアまで行けます。
この写真の右側が海。左側に屋台がいくつか出ていました。

f:id:maho-ttt:20171120231845j:plain

またまた歩いて、人気の観光地である大聖堂へ。
聖堂の前の階段に人がたくさんいました。

f:id:maho-ttt:20171120231849j:plain

中は礼拝堂で、立派なオルガンがありました。

f:id:maho-ttt:20171120231858j:plain

f:id:maho-ttt:20171120231854j:plain

そのほか、ホテル近くのデパートを散策したり、初日から精力的に廻りました。